お月さまの表面

2016/10/15 18:30 Osaka,JAPAN

2016/10/15 18:30 Osaka,JAPAN

明日のお昼に満月ということなので、今夜はほぼ満月ですね。
美しいです。

これだけ明るく美しく見えると、つい月の模様が気になってしまうのは私だけではないはず。
月の表面にはたくさんのデコボコ(クレーター)があります。
このクレーターの大きさってどのくらいなのだろうと気になったので調べてみました。

例えば、ウサギのおなかのあたりにある大き目のクレーターは、コペルニクスという名前なのですが、これは

  • 直径93キロ
  • 深さ3.8キロ

だそうです。
250px-%e3%82%b3%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc
Wikipediaより

直径93キロというと、大阪名古屋間より少し短いくらいなので、確かに月から誰か手を振っていたとしても・・・・。
見えないですね^^; 残念。

クレーターをそうやって、じーーーーっとみていると、次に気になってくるのがお月さまの筋。
クレーターから放射状に延びています。

これは、”光条”というそうです。

お月さまの下のほうに見える、クレーター(ティコといいます)の筋が肉眼でもよく見えますが、これは長いもので1500キロあるそうです。
250px-%e5%85%89%e6%9d%a1%e3%82%92%e6%94%be%e3%81%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b3
Wikipediaより

これはクレーターができたときに広がった噴出物の跡なんだとか。

なんだかお月さまの長い歴史を感じますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク