国際宇宙ステーションを観る

お月さまや太陽系惑星、星座を構成する星々を眺めるために、暗くなると外に出ている今日この頃です。

FacebookでもNASAやESAのページをフォローしては、夜な夜な眺めています(時差の関係で、夜になるとわーっと投稿が上がってくるのです。楽しみな時間でもあります。)

お恥ずかしながらJAXAをフォローしたのはついこの間でして、日本の宇宙関連のニュースにはむしろ疎いことに気づきました。これから知っていこうと思います^^

さて何日か前、NASAのページで、

ISS(国際宇宙ステーション)が見えますよ

という記事を見つけ、
「そういえば2年ほど前に久住高原で星を見たとき、ISSも見えますってガイドのおじさん言ってたな」と思い出しまして、調べてみたところ、どうやら大阪では18日が観やすいということを知って、楽しみに待っていたのです。
iss-image
(ISS:国際宇宙ステーション Wikipediaより

ちなみに久住高原で、旦那さんが
「あれ 人工衛星?」
と、ゆっくりうごく流れ星のようなものを指して言ったときに、
「そんなもん見えるわけないよ。ありゃ飛行機じゃない?」と瞬殺したら、
「…人工衛星です。飛行機は点滅します。ちなみにISSも見えるんですよ。」と結果的に私がおじさんに瞬殺されるという、ちょっぴりほろ苦い経験をしました。
フッ…、この何年間でだいぶ宇宙レベルあがったよ^^;

話を戻して。。。
ISSが日本で見える日や時間は、このサイトでわかります。
観測地(これが重要)を選択すると、見えやすい日に色を付けてくれています。

大阪では18日か20日ということでした。
18日をクリックすると、どういう動きをするのか詳細がわかります。

iss1018

iss1018_2
今日は、北斗七星のあたりから斜め上にあがってきて、天頂近くを通り、東に少し下がるところまで見えるという日でした。実際見えている時間は3分。3分、長いようで短いようで長い。

当然ながらISSは自分では光っていないため、太陽の光が反射している姿を地上から観測することになります。なので肉眼で見えるのは、夕暮れ後か日の出前なのです。

大阪の明るい空でどこまで見えるものだろうかとドキドキしながら待っていたのですが、実際見え始めたらすぐにわかりました。
だって、
明らかに動いている!そして大きい!明るい!点滅してない!

急いで子供たちを呼んできて、みんなで見送りました。見えないとわかっていても、手を振らずにはいられない^^

cygnus-launch
アメリカ時間の昨日の夜(日本でいうと今日)、アメリカからいろいろな物資を乗せたロケットがISSに向けて発射されるとか(大西宇宙飛行士たちが受け取るそうです^^)、発射の様子がNASATVで放送されるとか!
はーもう、宇宙は私たちが思っているより近くにあるんだな。。。
まずは、大西宇宙飛行士へメッセージを送るところから始めようっと♪

スポンサーリンク

コメント

  1. yucco より:

    見ました、りえさんのお陰で見れました!
    全然天体も宇宙も疎い私が空飛ぶ物体をみれました。空飛ぶちゃいますね、宇宙
    飛ぶ物体!

    次女があそこには6人乗ってるって言ってました。知ってたんかーい!
    400キロって静岡くらいまでかな?
    それが見れるってー!
    感動です

    • rie より:

      次女ちゃん、定員知ってたんだ!!すごいねー。それか見えてた!? 今日も見えるはずの日でしたが、お天気があいにくでしたね。18日はほんとにばっちり見えて素晴らしかったですね^^