脳と宇宙と

しゅうしゅうがメルマガで「自分のブログ検索してますか」と書いていたので、検索してみました。
(ちなみに しゅうしゅう で検索しても出てきてくれません。。。 Googleが「収集」に変えてしまうので^^;。ちなみに自分の名前で検索しようということをおっしゃっているのではありません。 自分の書いた記事が、それを伝えたい人が探しやすいキーワードで検索した時に、ちゃんとヒットしますか?というお話です。)

試しに「宇宙とバラとりえ」 で検索してみたら(いや、それで検索するということは私を知っている人なので、意味はないのですがww)、過去の記事が出てきまして、「ああ そうだよね そうだよね。」と思ったのでリライトしてみます^^ 昔の自分、結構いいこと書いてるww(ただの自画自賛。自分だから気が合うのは当然?!)

人間って宇宙の規模から考えるとあまりにもちっぽけで、しょぼい存在だと思いつつも、この人間たる存在がこの地球に在るのは、なぜなんだろう?って、しみじみ考えてしまうのです。

++++以下2015年5月14日の記事のリライト++++

今私たちが存在している宇宙の成り立ちは、まだ完全に証明されていません。証明されてないけど、私たちは存在しています。
今がそうだからこれでいい ともいえますし、いやいやなぜ今がこうなっているのか、そのルーツを探りたい!と思って日々探究されている方もいらっしゃいます。

ところで、証明ってなんでしょう?

数式できちんと表せること? 言葉できちんと矛盾なく伝えられること・・・? だとしても、その数式や言葉は人が繰り出したもの。脳で作りだしたものでしかないんですよね。

とすると、宇宙の中に存在しているちっぽけな人類のこれまたちっぽけな脳が考え出した理論に宇宙がぴったりと当てはまる日は、くるんだろうか? なんて、無限ループにはまったような気持ちになったりします。

人の脳はどんどん新たな理論を作り出し、思考パターン、定説、基本原理などを生み出していて、すごいな!と思う反面、自分自身のことも、実はまだ完全に掌握できていないのも事実。

脳だって、100%使ってないというのはみなさんご存じのとおりですし、子どもだって胎外で受精することはできても、人工子宮はまだ今時点では無くて、女性の胎内でないと子どもは育たない。 宇宙という大きな話でなくても、人の身体にもまだまだ神秘はあるなぁと思ったりします。

宇宙のことを考えると、いつも話が大きくなったり小さくなったりします。

それは宇宙物理学と素粒子物理学が密接に関係していることと同じで、小さなことと大きなことは実は同じだからではないかとも思ったりしています。

「そんなこと考えても意味ない」「なんになるの?」というところから、新しい発見が生まれたり、新しい謎が出てきたりするので、こんな風に、ぼんやりと思いを巡らせる時間も、必要なのかもしれないなと思う、今日この頃です。

++++

2016/11/22 6:55a.m. Phase22.1

2016/11/22 6:55a.m. Phase22.1

こちらは今朝のお月さま。美しい~。いつも本当にきれい。

ここしばらくお天気が悪かったり、お出かけしていたりで何日かぶりにみましたが、お月さまを見ると本当にほっとします。 久しぶりに見て、改めて気づきました。
そこに月があるから、地球の動きが安定して、生命が育まれたとかそうでないとか。。。

いずれにせよ、「お月さまをみると ほっとする」 というこの気持ちも、大事にしたいな と思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク