月面X

少し間が開いてしまいました。 年末はわりと仕事がバタバタとしていました。
ただブログは更新できていませんでしたが、お月さまは天候がOKであれば撮影し続け、星も撮り、夕方から深夜まで、夜明け前から明けてからと、空をたくさんみていました。

星・惑星・衛星・地球の自転と公転・太陽・雲・気温・風・雨など、いろんな状況が重なってその時の空が映し出されるので、一つとして同じものはなく。
いつまでも飽きずに、今日も空を眺めています。

お月さまも、月齢7といっても毎月同じではなく、お月さまへの太陽光の当たり方や地球とお月さまとの位置関係などで、見え方が異なったり見えない時間だったりします。1月5日に現れた月面Xはその典型で、上弦の月の前日に毎月見えるというわけではありません(だいたい2カ月に1回見えるらしいです)。

2017/1/5 17:45撮影 月齢7.1 月面X付き^^

ちなみに11月の月齢7のお月さま。ちょっと見ずらいですが境目にXらしきもの見つからず。。。(撮影時刻も遅く、月齢の小数点以下も大きすぎるので、当然なんですけど^^;)

2016/11/7 10:30 p.m. 月齢7.7 沈む直前のお月さま

月面Xというのは、月面の凹凸が文字に見えるというちょっとしたことなのですが、1月5日のお月さまだったとしても夜中にはもうXはあまりはっきり見えない(=つまり月も時間とともに少しずつ満ちてきている)とか、前月の月齢7のお月さまにはXという文字は見当たらないとか、そういうことを知ったり、考えたりするきっかけになって、楽しいことだなぁと思いました。

面白いかな?と思って、親に「月面X」の写真を送ったのですが、「どれ?」と言われたので解説した写真をおまけで添付します。 Vも写っています。
あとは月面Yというものもあるらしいのですが(陰っていくタイミング)、たまたま先月のお月さまに写っていたのでそれも一緒に添付してみます。

月面XとV


月面Y

これからもお月さまを撮っていきたいなと思います。
お月さまや星を撮り、それを発信していくことについて、自分なりに考えたことがあるのですが、それはまた次の機会に。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク