お月様とお話しよう (25)朗月

こんばんは。明日のお月さまは新月を3日後に控え、とっても細く、そして更に太陽に近づいています。
月の出は4時半頃となり、高度も低くなります。
朝、もしいいお天気でしたら、是非南東の空にお月さまを探してみてください。いつもより少し低めのところに、写真のようなほっそりお月さまがおられます。

ところでタイトルにお月さまの呼び名を付けています。明日のお月さまを「朗月」としていますが、月齢26のお月さまをそう呼ぶ、というわけではありません。 実は下弦の月を過ぎた後のお月さまに対して、月齢での名前は付いていないのです。

下弦の月を過ぎると、月の出は深夜を過ぎ、夜に見ることがなくなるからかな、と思います。

これらのお月さまには「有明の月」や「暁月」、「残月」といった、朝にお月さまが見えているね ということを意味する呼び名が使われることが多いです。
ちなみに朗月(ろうげつ)は、清く澄んだ月 という意味になります。明け方の空に白く浮かぶ細いお月さまにぴったりだなと思い、この名前でお知らせしてみました。

明け方の空に ピンと弓形に張ったお月さまから、
 どんなメッセージを受け取りますか。」

では明日の朝、お月さまとお話できることを願いつつ。。。
おやすみなさい。

Moon Phase26.2 Nov26,2016

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク