You are your own guiding star.

お月様を日々追い続け、星を撮り、空を撮り、ISSを探し、宇宙の誕生に思いを馳せるうちに、今までやってきた、俗にいう「自分探しの旅」が終わっていた。

この間も書いたけれど、

答えは自分の中にあり、全ての存在は宇宙と繋がっている

自分探しのために、ついつい外に答えを求めてしまうけど、誰かに教えてもらうのでも、気づかせてもらうのでもなく、自分自身と向き合い続けたら、腑に落ちる時が来る気がする。というか、気が付いたら腑に落ちていた という状態になるのかも。

とはいえ、私もこれで終わりではなく、きっとこれからもまだまだ「腑に落ちる」ことが沢山続くのではないかと思う。人生、生きていることそのものが学びなのだから。

生きることはつらくもありたのしくもある。

でも何かの答えや、問題の原因を、外に求め続ける限り、本当の意味での納得はない気がする。

空を見上げたら答えが降ってくるわけでもないのだけど、自然や宇宙との時間を過ごすことは、自分自身と過ごす時間になっていると感じるので、すぐ身の回りに、美しい自然や宇宙が広がっていることを、たくさんの人に伝えることで、 人が自分自身を深めるキッカケになればいいなと思って、ちょいちょい発信していっている。

Phase8.6 Feb 5, 2016

写真は今日のお月さまだけど、これを観て「私は私に問う・・・」とかやる必要はなくて、ただそこに今存在している月が美しい と感じる、それだけでいいと思う。

「今」を感じること、「今」の美しさを愛でること。

ただそれだけ。

現代人は忙しすぎて、心が「今」にない。過去の失敗が忘れられなかったり、未来が不安だったり。自然や宇宙との時間は、忙しく飛びがちな思考を「今」にフォーカスさせてくれると感じている。 ただ、「ああ きれいだな」と感じる時間を、1日1秒でも取るだけで、感性が変わっていくんじゃないかなと思う。

そういうことを伝えたいけど。

何か肩書があればわかりやすいかな。。。と思うのだけど、いいものが浮かばない。ナビゲーターとかメッセンジャーとかそんな大層なものではなく、ただ「きっかけ」の一つになればいいなと思っている。

色々と言葉を探してみたら、「Guiding Star」という言葉が出てきた。

人を導く星 という意味。肩書にするには壮大過ぎて恐縮してしまう言葉だけど、素敵な響きの言葉だなと思ったので書いてみた。 この言葉をみて思ったことはやっぱり。

You are your own guiding star.

自分の人生を導くのは自分自身。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク