お月様とお話しよう (16)立待月

おはようございます。
満月を過ぎたお月様、朝明るくなっても西の空に見えるようになってきましたね。
特に昨夜、今夜あたりのお月さまは、夜が始まるあたりから朝が始まるあたりまで、空にいてくださっているので、暗い夜をずっと照らし、見守ってくださっているような、そんな感じがします。

昨夜のお月さま 
十六夜月(不知夜月)さん

私はこの週末、地球暦のリリースワークショップに参加するため、実家に帰っておりました(地球暦ワークショップの件も、また書きたいと思います)。

実家から見る空は、また全然違っていて・・・。

金星も火星も、お月様も。 毎日観ているはずなのに、別のもののように感じました。
いつも見ている星達と、昔見ていた山々とが合わさって、なんだか不思議な気持ちになったのかもしれません。

同じものを観ても、違って見える。

その感覚に、軽くショックを受けておりました。

違う人が違う場所で同じものを観たら、更に違うんだろうな・・・と、思いました。
その一人一人が感じる「違い」を大切に、これからも発信していきたいなと思います。

さて、今夜のお月さまのご案内です。今夜のお月さまは、お待ちかね!(私だけ?^^) 立待月さんです。これから4日間のお月さまには、日本人のお月さま愛がビシバシ伝わってくる名前がついています。

旧暦17日(明日):立待月

  ↓

旧暦18日    :居待月

  ↓

旧暦19日    :寝待月

  ↓

旧暦20日    :更待月 

どんどん月の出が遅くなるお月さまを、日々待っているその姿が見えるようです。旧暦20日(今月でいうと2/16)の更待月さんを過ぎますと、もうお月様が上がってくるのは深夜になります。

いつも見えているような気になっていますが、実はそうでもないのがお月様。この何日かの、夜に見えるお月さまの時間を、そっと大切にしてみてくださいね。

今夜のお月さま:立待月さんのイメージ
Jan 14, 2017

★本日のお月さま情報★
旧暦 1月17日(立待月)
月齢 16
月の出 19:58
月の入 翌7:59
輝面比 94.9%
距離 389,083km
(大阪の時間です。東京ですと上記より早く、福岡ですと遅くなります。)

それでは今日が、素敵な一週間の始まりの日になりますように♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク