Journey to establish my own identity.

一緒にいて優しい気持ちになれる人はどんな人ですか?

これは8月12日のBlogブのお題

旅から帰ってきて、これについてぼんやり考えていたのですが、今回お盆に法事で田舎に帰って改めて、叔父さん叔母さんはみんな優しいなぁと思いました。

自分の結婚式以来、かれこれ15年お会いしていない人たち。

それより前といえば祖父母のお葬式だったかな。

その前は…、祖父母が健在だった時、お盆とお正月の集まりで。。。

だいぶご無沙汰だったけど、とっても久しぶりにゆっくり一緒に過ごせて、なんかやっぱりこの人たちみんな温かいなぁと思ったのです。

人によっては、田舎っぽい距離感でいやだったりもするのかもしれないけど、小さいころと変わらない優しくて温かい表情や話し方に、ホッとしました。

伯母ちゃんが遊んだ海を案内してもらう子供たち 平たい石を探しています

娘と息子を連れて行ったことについても、自分たちの事のようにとっても喜んでくれて、心から歓迎してくれていることがよくわかり、知らない人ばかりで緊張していた息子と娘も、すぐになじんで楽しんでいました。

子どもは敏感で、そしてとても正直だと思いました。

皆さんに会えてよかったなぁ。

田舎に帰れてよかったなぁ。

自分のルーツを感じることができてよかったなぁ。

血のつながりっていいなぁ。

素敵な故郷があってよかったなぁ

Journey to establish my own identity.

海と山に囲まれた地にそれはありました

Pacific Ocean

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク